老後の資金は十分確保しておきたい

準備はできていますか?

ネットワークビジネスを考える時かもしれません

~★。 HidemiのMLMを考える時☆。・*゜

副収入準備で老後の経済不安を解消

老後はどれくらいのお金が必要だと思いますか。
十分な備えはできるのでしょうか。

老後は生活費の他に、思った以上にお金がかかります。
住宅のリフォーム代、車の買い替え、
何かの時のための子供への援助。

ところが公的年金の支給額の引き下げなどで収入は減る一方です。
10年後、20年後にはかなり減るのではと予想されます。

つまり、公的年金だけを当てにしていては
老後の経済的自由がないことは確実。

国民年金や厚生年金だけに頼らず、
それ以外に収入を確保できる道を探す必要がありそうです。

もし、会社員なら退職金をどのくらいもらえるかも
確認しておくべきでしょう。
それによって老後の経済プランを考えなくてはなりません。

今から副収入として何か始めておく必要があることに
気づくかもしませんね。

老後に向けて副収入で経済プラン立てましょう

会社務めの場合、60歳定年後も希望すれば65歳まで
働くことは可能かもしれません。
ただし、お給料は減る場合が多いです。

では65歳以降は?まだまだ体は元気な人が多いですね。
そして平均寿命まではまだまだあります。
出来れば定年後の人生は楽しく過ごしたいと思いませんか。

もし安心できるほど十分な蓄えや収入源を
準備されているならOKですが、
準備はまだ、、、という方は、老後を見据えて
経済プランをしっかり立てましょう。

老後の生活費の目安

 老後生活費の目安 最低限必要と思われる日常生活費 → 20~25万円/月
  (生活保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成25年)

 老後生活費の目安 高齢夫婦無職世帯の出費支出 → 約27万円/月
  (総務省「家計調査」平成25年度平均速報結果概要)

老後の生活費と出費を比べると、、、
すでに赤字ではないですか~(^_^;)

権利収入で老後は安心

一生懸命働いても、老後を穏やかに暮らせる保障は何もない。
ということは、、、
自分で何とかしろ、、ということです。

相続財産があっても、使ってしまえばなくなる。
今高いお給料をもらっていたとしても、辞めれば収入は0。

この先、いつまでも安定した収入を確保、
つまり自分の権利収入を確保しなければ
不安な老後を過ごさなければならない確率は高いのです。

やはり今の本業に加え、副収入の道を探る必要がありそうです。

在宅ネットワークビジネスで副収入を確保

副収入と言っても何をしようか、、、
権利収入になるもの、、、。

老後の生き方に関心が高く、家族共々元気に豊かに過ごしたいと考えた時、
選択肢の一つは在宅ネットワークビジネスではないでしょうか。

ネットワークビジネスは一般でも低いハードルで始められ、
十分な副収入を得られる可能性の高いのでは?と私も思います。

ネットワークビジネス会社もいろいろ有りますから、
どれでも、、というのではなく、

 老後 年齢関係なし
 老後 性別関係なし
 老後 スキル関係なし
 老後 経費なし、または僅少
 老後 リスクなし

のものがお勧めです。

スタートのハードルを低くしなければ、副収入を得られるように
なるまでに、嫌になって辞めてしまったり、
見切りをつけてしまうことが多いのです。

長く続けるためには、取り組みやすい!というのは
大切ではないでしょうか。

そして今注目のネットワークビジネスと言えば、
インターネット展開できる完全在宅副業。

在宅ですから、本業プラス副収入源として
どんな人にも平等にチャンスが与えられます。

ただし、前向きに頑張れる人向けです。
在宅でコツコツ頑張った人だけが手に出来る副収入なのです。


無料で学べるネットワークビジネス動画セミナー

ご希望の方には、以下からお申込み頂くと、MLM動画セミナーとフォローメール
私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをご案内いたします。

無料動画セミナー

この出会いがすばらしいチャンスになればいいですね!

 無料動画セミナー

ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的以外で利用することはありません。

しつこい勧誘はいたしません。ご安心ください。

ライン

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

ライン

a:669 t:1 y:0