私はネットワークビジネス会社の製品使っています。

安心、安全、健康にいい、効果が高い。

販売方法は気にしない、自分が欲しいから買ってます。

~★。 HidemiのネットでMLMより☆。・*゜

販売の方法には

 販売方法 店舗販売
 販売方法 通信販売
 販売方法 口コミ販売 がありました。

前回は、それぞれの違いを企業側の立場で考えました。

   画像の説明 嫌われるネットワークビジネスの販売方法 企業側の立場

今回は、消費者の立場から見てみましょう。

店舗販売

消費者にとっては一番分かりやすい購入の仕方ですね。

たくさんある商品から量や質、価格、必要性を考慮し、
現物を目で見て、自ら選んで購入できます。

通信販売

自分で欲しいものを見つけて自分の意思で購入、
というのは店舗販売と同じ。

でも消費者はカタログやネットショッピングなどで
出掛ける必要もなく、自宅でゆっくり選ぶことができます。

一方で、
現物を見ることができないので、
イメージしていたものと違うことも。

人によっては、支払方法にも不安を感じるという
デメリットもありそうです。

口コミ販売(ネットワークビジネス)

これはある日突然やってきます(笑)

突然知り合いから連絡があって、
健康にいいよとサプリを勧められる。

エステに誘われて行ったら
高額美容機器や化粧品を紹介される。

購入の仕方は、消耗製品なら会員登録後、
通販のようにカタログやインターネットで可能。

通販と違うのは、消費者が100%購入したいという
気持ちがあるかどうか。

知り合いから勧められたので仕方なくお付き合いで、、、。
というのはよくある話。

口コミ販売(ネットワークビジネス)は嫌われる

自分がいいと思っているものを人にも伝えてあげる。
得する情報を教えてあげる。

ごく普通の会話だと思うのです。
店舗で売られている商品もそうですね。

  「○○店でセールしてるよ」
  「昨日買った△△おいしかったわ~」など。

同じなのです。いいなと思ったものは
知り合いに伝えたくなりますね。

ネットワークビジネスが嫌がられる訳

では、何故ネットワークビジネスが嫌がられるのか?

最大の理由は

  矢印青 知り合いから伝わるので断わりにくい

・別に必要と思っていないのに、やたら勧められることが多い。
   → 要らないものまで買わされる感。

・店舗がないのにお値段は一見高めなものが多い。
   → 高い品質であることが伝わっていない。

・誰か紹介すれば、自分の購入分がただ(0円)同然に買えると言われる。
   → 紹介しなきゃいけないと思うのは苦痛。

・商品買うだけかと思ったら、セミナーに誘われる。
   → 何か買わされる、の警戒心が芽生える

見知らぬ人から声をかけられれば、即断ることができるのに、
大抵の場合は、知り合いから話が来きます

  そこが不満につながるもとなのです(>_<)

  [check] かえって断りにくい
  [check] 仕方なく付き合いで
  [check] 関係壊したくない

       ↓
       ↓
     不 満 

となるからではないでしょうか。

自分の意思で集まってくるタイプのネットワークビジネス

断りにくい知人から伝わるから、余計に不満がたまり
ネットワークビジネスに対して悪いイメージが膨らみますね。

でも消費者にとっては、中間マージン、宣伝料が
必要でなくなったおかげで、その分を商品開発に
お金をかけられた製品は質がよく魅力のはず。

知人が間に入るから要らぬ気を使うことになるのです。
なんの気を使わず、自分の意志で製品を買う!
これならすっきりしませんか。

この 自分の意思で が大切。
受身ではいけません。

これは同じネットワークビジネスといっても
インターネットで展開ならではの方法です。

これからは口コミではなく、インターネットで
ネットワークビジネスをする方がストレス軽減できそうです。


無料で学べるネットワークビジネス動画セミナー

   ご希望の方には、以下からお申込み頂くと、MLM動画セミナーとフォローメール
   私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをご案内いたします。

無料動画セミナー

この出会いがすばらしいチャンスになればいいですね!

 無料動画セミナー

ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的以外で利用することはありません。

しつこい勧誘はいたしません。ご安心ください。

ライン

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

ライン

a:733 t:1 y:0