共働きが当たり前の子育て世代
それをサポートするのが親世代
経済力確保が必要です

子育て世代をサポート

子育て世代をサポートする親の存在

男性も女性も仕事を持つ。
結婚しても女性は働き続ける共稼ぎの時代。

子どもができて育児休暇を利用しても
いずれは仕事に復帰。

スキルを持つ女性が増えてきたことと、
将来の家庭内経済不安を考えると、それが当たり前。

だから女性が仕事復帰後は子どもを保育所に預ける。
当然そうなるのですが、それだけで
うまく収まるものではありません。

サポートする人の存在があるかないかで
子育て世代が安心して子育てできるかは変わってきます。

つまり、子育てをサポートしてくれる親の存在です。
大抵はアラフィフからアラカン世代ではないでしょうか。

親の経済力がサポートの鍵

私の同年代のアラフィフ友人やアラカンに向かっている知人は
今、孫ブームです。

多くの場合、娘さんは仕事を辞めることなく
育児休暇制度を利用。
育児休暇が過ぎれば仕事に復帰しています。

お子さんを保育所には預けていますが、
仕事復帰を見込んで親の近所に引っ越しするが珍しくありません。

残業時のお迎えや、急病時の子どものお世話は
祖母である知人が当然引き受けることになります。

我が子の時ほど責任を必要としない孫の世話。
しかも経済的に余裕があって、仕事をしなくても
可愛い孫との時間を満喫できるのなら、こんな役得はありません。

ところが、祖母の立場であってもまだ50代。

フルタイムでなくても仕事をしている人がほとんどで、
バブル崩壊を経験している私たち世代も
経済的に悠々自適の身分の人はそんなに多くありません

忙しい仕事や自分の用事を調整し、
孫のために時間を割く人がほとんど。

孫は無条件に可愛いのでついつい無理しがちですが、
頑張りすぎて、それが元で健康を害することも実際にあるのです。

いっそ外で働く時間を孫との時間に変えられたらいいのに、、
と思う祖父母も多いのではないでしょうか。

物をやたらと買い与えたり、甘やかし過ぎはNGですが、
子育て経験者として、我が子の時ほどバイタリティーはなくても
孫育てを楽しめるのは目に見える。

孫の面倒を見て、娘息子に感謝される方を選びたいと思うでしょう。

親の経済力は子どもと良好な関係を保てる

親の経済力はある方がいいに決まっている。
経済的余裕が十分あれば、孫の世話も喜んでできるもの。
子どもだって頼りやすいでしょう。

親である自分たちが、働けなくなった上に年金も乏しく、
経済的に困窮していれば子育て世代のサポートするどころか、
子どもたちも頼ることができないでしょう。

かえって経済的に迷惑をかける、、なんてことになれば、
それこそ大変です。親子といえどもそれぞれの家庭がある。
良好な関係を保つのも難しいものです。

そうならないように、自分たちの老後の経済的不安を
解消しておくことは必然ではないでしょうか。

そのためには権利収入のような、ずっと続く収入源
確保をしておきたいですね。

・関連ページ


ライン

誰も教えてくれなかったインターネットワークビジネス成功の秘訣

インターネットのネットワークビジネスを成功させるためには
ネットワークビジネスについての考え方をじっくり学ぶこと
回り道のように見えますが、実は近道です。

ネットワークビジネス成功

いきなり始めるのは不安!という
インターネットのネットワークビジネスが初めての方。

今までのやり方でネットワークビジネスが
上手く行かなかった方。

メルマガで成功の秘訣とノウハウをお伝えしていますので、
先にインターネットのネットワークビジネスについて
学んでからご検討いただけます。

まずは無料メルマガを購読してネットワークビジネスの
正しい知識を学びませんか?
目からうろこの成功秘訣とシステムに驚かれることでしょう。

メルマガ登録

  メルマガ ここで入力いただいた個人情報はメルマガで利用致します。
  メルマガ 個人情報をメルマガ以外で利用することはありません。

ライン

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

ライン

a:374 t:1 y:0