フィギュアスケーター、羽生結弦選手の痛々しい姿に涙。

誰もが「棄権」を覚悟。むしろ望んだのではないでしょうか。

~★。 Hidemiのちょっと一息☆。・*゜


羽生結弦

プロフィール

羽生結弦(はにゅう ゆずる)
 生年月日:1994年12月7日
 出身地:宮崎県仙台市
 身 長:171cm
 体重:52kg

 2010年世界ジュニア選手権優勝
 2013年グランプリファイナル優勝
 2014年ソチオリンピック男子シングル金メダル獲得
 2014年世界選手権優勝

流血のスケーター

今やフィギュアスケート界を背負って立つ羽生結弦選手が
グランプリシリーズ中国杯のフリーの演技直前公式練習中
中国選手と激突し転倒。頭や顎から血を流す。

脳震盪を起こしているかも、といううわさも。
どう考えても棄権でしょ、、という状況。

それでも、羽生選手は立ち上がり、
周りが止めるにもかかわらず、
強行出場して2位になりました。

涙ながらにテレビを見守った人も多いはず。

リンクサイドで状況を見ていた松岡修造さんは
「かなりひどい状態。アスリートとして、やめたほうがいい」
と言っていたほど。

「でも決めるのは本人だから・・・彼は滑ろうとしている。」とも。

周りで見守っていた関係者、ファン。
私のような一観戦者も演技4分半を
祈るような気持ちで見守りました。

怪我しないように、無事に滑りきって、、、と。
普段は特に羽生選手の大ファンでない私も感動。涙が出ました。

羽生選手から学んだもの

そこまでしなくちゃいけない?
まだ若い選手。これからの方が大切。
まずは大事をとって、、。

何が彼をあれほど強い意思で出場させるのでしょう。

きっと、、、
 オリンピック金メダリストとしての意地

 これから日本フィギュアスケートを
 率いていかなければという責任

 東日本大震災を乗り越えてスケートを
 できることへの感謝と覚悟

いろんな思いが羽生選手に力を与えたのでしょうね。

たとえ流血するほど怪我をしても「棄権」という選択は
彼には考えられなかったのでしょう。

まだほんの19歳です。恐れ入ります。

若かろうが、歳を重ねていようが、関係ありません。
強い意思を持った人は並外れた力を発揮できる。

もちろんここにたどりつくまでに、
人並み以上の努力を積んできているでしょうけど。

 スケーターは「自分」に勝つ。
 自分に勝てなければ、他人に勝つことができない。

と、解説の佐野稔さんが言ってました。

簡単に諦めたり、他人と比べたり。
そんなことから成長はない。
そんな時間あったら小さな一歩でも前に進む

アラフィフの私は若いスケーターから、
人生を学んだ気がしました。


ライン

誰も教えてくれなかった副業ネットワークビジネス成功の秘訣

副業ネットワークビジネスを成功させるためには
ネットワークビジネスについての考え方をじっくり学ぶこと
回り道のように見えますが、実は近道です。

ネットワークビジネス成功

いきなり始めるのは不安!という
副業ネットワークビジネスが初めての方。

今までのやり方でネットワークビジネスが
上手く行かなかった方。

メルマガで成功の秘訣とノウハウをお伝えしていますので、
先にネットワークビジネスについて学んでからご検討いただけます。

まずは無料メルマガを購読して副業ネットワークビジネスの
正しい知識を学びませんか?
目からうろこの成功秘訣とシステムに驚かれることでしょう。

メルマガ登録

  メルマガ ここで入力いただいた個人情報はメルマガで利用致します。
  メルマガ 個人情報をメルマガ以外で利用することはありません。
 

ライン

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

ライン

a:805 t:1 y:0